有名人

アブー・ライハーン・ビールーニー(Abū Rayḥān Muḥammad ibn Aḥmad al-Bīrūnī al-Khwārizmī, 973年 - 1048年)は、ホラズム出身の著述家、数学者、天文学者、旅行家、哲学者、薬学者、占星学者。さらに歴史学、言語学にも言及しており、彼の学問分野は広範である。 イスラーム世界を代表する 11世紀の知識人である。アル=ビールーニー(Al-Biruni)とも表記される。973年、ホラズム(今日のウズベキスタン領内)地方の首府カース Kāth 近郊で生まれた。彼の出身名(ニスバ)である「ビールーニー」(bīrūnī)とは、ペルシア語で「郊外」を意味するビールーン(bīrūn)という普通名詞に由来すると言われている。

アブー・ナスル・マンスールの下で数学を学び、イラン、中央アジアの各地を遊歴した。イブン・スィーナー(アウィケンナ)とも交流を持った。サーマーン朝の君主マンスール2世やホラズム・シャーのマアムーンなどに仕えたが、ガズナ朝がマーワラーアンナフルを征服するとこれに仕えるようになった。1000年頃、後にゾロアスター教の重要な資料となる『古代諸民族年代記』を執筆した。

ビールーニーによって描かれた月の満ち欠け(月相)における大地から見た太陽光によって生じる光っている部分と影の部分との対応関係を示した図。右のやや大きめの円が太陽。左の大円の周囲に配された小円は地球を公転する月のそれぞれ位置を示し、赤い直線が陽光などの光線を表す。『占星術教程の書』(ペルシア語版)より

1017年から1030年にかけて、ガズナ朝のスルターン・マフムードに仕えた。マフムードの十数回に及ぶインド遠征にたびたび随行し、インドの民俗、歴史、法律および言語をまとめた『インド誌』を1030年に完成させた。同年、天文学書『マスウード宝典』をまとめあげた。この本の中で、地球の自転を説き、地球の半径を約6,339.6kmと計算している。現在の観測による数値(赤道面での半径)は6,378kmであり、極めて正確であったといえる。

他に薬学全集『サイダナの書』(『薬学の書』)、鉱物事典『宝石の書』を執筆した。著書の数は120を超える。著書は主にアラビア語で執筆されている。『ヨーガ・スートラ』のアラビア語訳などインド関連の著作を20編ほどあり、プトレマイオスの『アルマゲスト』をサンスクリットに翻訳することを試みたが、この翻訳が成功したことを示す証拠は今のところ見つかっていない。ユネスコから世界の記憶(世界記憶遺産)登録を受けた[2]。

ちなみに『シャー・ナーメ』の著者フェルドウスィーとも同時代人である。

ルスラン・チャガエフ(Ruslan Chagaev, 男性、1978年10月19日 - )は、ウズベキスタンのプロボクサー。

第58代・第62代WBA世界ヘビー級王者。

アマチュアボクシングの確かなテクニックをベースにしたサウスポーのボクサー。体格や顔つきがマイク・タイソンと似ていることから「White Tyson(ホワイト・タイソン)」のニックネームを持っている。アマチュア時代にはウズベキスタン代表として1996年のアトランタオリンピックと2000年のシドニーオリンピックに出場経験を持つ。肝炎を患っているとされており、肝炎を理由に試合が何度かキャンセルされている。

ファルフ・ルジマートフ(Farouk Ruzimatov, 露: Фарух Садуллаевич Рузиматов, 1963年6月26日 - )は、ロシアのバレエダンサー。