有名人

チンギス・アイトマートフ(チンギズ・アイトマートフ、Chinghiz Aitmatov、1928年12月12日 - 2008年6月10日 )は、キルギスの作家。
1928年12月12日ソビエト連邦キルギス共和国のタラス州シェケルに生まれる。両親はシェケルの公務員。名前はモンゴル帝国のチンギス・ハーンに由来する。幼年時代は、当時のキルギス人同様、遊牧生活を送る。1937年父親は「ブルジョワ民族主義者」の汚名を着せられ、モスクワで粛清されている。
少年時代から働き始め、14歳の時に地区(村)ソビエトの書記のアシスタントとなったのを手始めに、収税吏、道路工事夫、技術者のアシスタントなど様々な仕事についた。
少年時代のアイトマートフの生活は、苦難に満ちたものであったが、ロシア革命後の社会はアイトマートフが社会的上昇を遂げることには有利な環境をもたらすこととなった。アイトマートフはシェケルにできた学校に入学し勉学に取り組む契機を得た。
アイトマートフは、ソ連およびキルギスにおける戦後派作家に分類される。「面と向かって」により文壇で評価され始め、「ジャミーリャ」は、1963年レーニン文学賞を受賞し、文壇における評価が確固たる物となった。フランスの作家ルイ・アラゴンは、「ジャミーリャ」を「この世で最も美しい愛の物語である」と絶賛している。このほか、受賞歴としてはFarewell, Gulsary!でソビエト連邦国家賞を受賞している。
アイトマートフの作品の特徴としては、神話や伝説、民話に対する言及があげられる。
1988年から1990年まで雑誌「外国文学」編集長を務めた。